シャンプーの仕方

シャンプーの仕方




知人の紹介で知った
検見川浜南口の美容院
行ってきました。

そこでヘアについての知識を教えてもらいました。

シャンプーの仕方も少しだけ意識するだけで

ダメージを防いだり頭皮ケアになるようで

やり方を聞きました。

1、まず最初はしっかりシャワーで流してください。

そうすることで汚れがしっかり落ちやすくなります。

2、次にシャンプー剤を手のひらに馴染ませて

髪につけて泡立たせます。

この時泡立ちが悪い場合は、

流しが不十分かシャンプー剤が足りないなどの原因が考えられるので、

1度流してもう一度やり直して下さい。

3、シャンプーに入ります。

この時しっかり泡立っている事、

爪を立てて頭皮を擦ったり

強すぎるマッサージはしない事です。

4、シャンプー剤が残らないようにしっかり流します。

流すのは当たり前なのですが、

流し残しが多いところがあります。

耳後ろや、生え際です。

流し残した皮脂や汗などを栄養にして細菌が繁殖し、

頭皮の炎症に繋がる可能性があるので、

流し残しは無いようにしっかり流しましょう。

5、トリートメントなどをつけます。

この時頭皮にはつかないように気をつけて下さい。


シャンプー後、

頭皮の皮脂量は6-24時間で元に戻ります。

ベタつきやすい場合はシャンプーの回数を増やしたり

シャンプーを長めにして、

逆に乾燥しやすい方は低刺激のシャンプーに変え、

回数を減らすなど工夫すると良いようです。



関連記事

  1. 携帯マッサージ、これだけ読めばすぐできる!
  2. シャンプーの仕方